HOME

かね利のこだわり

かね利こだわりの 灰干乾燥 灰と灰のサンドイッチ方法で乾燥させる為、 乾燥時は外気に触れないのでタンパク質が安定し、魚肉に弾力があり、 軟らかく肉質の変色もありませんので味もまろやかに仕上がります。

どんちっち三魚

どんちっち山陰・浜田を代表するアジ・ノドグロ・カレイを
「どんちっちアジ」
「どんちっちノドグロ」
「どんちっちカレイ」
とし、
総称「どんちっち三魚」としてお届けしております。

※どんちっちとは、神楽の囃子を表現する幼児言葉で、
  それが転じて石見神楽全体を意味するようになりました。


どんちっちアジ
どんちっちアジかね利の干物 ~厳選素材~従来から島根県西部沖で獲れるマアジは脂ののりが良く、旬の時期はトロにも匹敵すると言われてまいりました。

近年、水産技術センターにおいて浜田のマアジの旬を解明すべく脂質含有量の経年変化の調査が行われました。

その結果、浜田港に水揚されるマアジは他産地のものより脂肪含有量が高く、旬には10%を超え、時には15%を超えることが明らかになりました。(一般のアジは6.9%)。
そこで私たちは厳しいブランド規格を設定して「どんちっちアジ」の品質を保持し、多くの方々にお届けしております。

どんちっちアジ
<<条件・特徴>>
(1)浜田市水産物ブランド化戦略会議加盟団体所有のまき網船で漁獲された高鮮度のもの
(2)4月から8月の旬に限定
(3)県水産技術センターの化学データによる美味しさの証明
(4)漁場、生産者情報の開示

特徴:脂の乗りが全国トップレベルで(最高15%以上)全国屈指の美味しさ

どんちっちノドグロ
どんちっちノドグロ どんちっちノドグロアカムツは体表が赤いのですが、口腔が黒いことから、島根県では「ノドグロ」と呼ばれています。
特に島根県沖から山口県沖にかけては、日本有数の漁場であり、その中でも島根県機船底曳網漁業連合会浜田船主部会が底びき網で漁獲、浜田市場で8月から1月に扱われる、
サイズが150g以上の鮮魚を「どんちっちノドグロ」とブランド規格しました。
身は柔らかく淡い紅色で、煮付け料理が一般的ですが、塩焼き、刺身、蒸しもの、魚すきなども大変美味な高級魚です。

どんちっちノドグロ
<<条件・特徴>>
(1)地元沖合底曳網船で漁獲された高鮮度のもの
(2)8月から1月に限定(旬は8月~10月)
(3)県水産技術センターの化学データによる美味しさの証明
(4)漁場、生産者情報の開示

特徴: トロにも匹敵する脂の乗りで(最高25%以上)日本海の赤い宝石

どんちっちカレイ
どんちっちカレイどんちっちカレイ

カレイは、島根県ではなじみある魚です。
浜田漁港で獲れるカレイの代表的なものが
「ミズカレイ」
「エテカレイ」
「ササカレイ」
です。

塩干品は浜田市周辺の特産品のひとつにもなっています。
特に一夜干しは絶品で、産卵前で脂がのり、淡白な中にも上品な味わいが人気を呼んでいます。
焼いてもとても美味しく、白身の絹の様な身質にくわえ、旨味、甘味、脂質分が適度に混在しているところが人気のゆえんといわれています。浜田地区の沖合底びき網で漁獲したものを「どんちっちカレイ」としてブランド化しお届けしています。


どんちっちカレイ
<<条件・特徴>>
(1)地元沖合底曳網船で漁獲された高鮮度のもの
(2)8月から2月の旬に限定
(3)漁場、生産者情報の開示

特徴: 特に子持ちササカレイの一夜干は上品で最高に美味

詳しくは浜田の水産ブランド“どんちっち”、どんちっちトレーサビリティ(漁獲高出荷証明書) をご覧ください。

有限会社かね利 (C)2009 KANETOSHI SHOP ALL RIGHTS RESERVED.